油性肌から乾燥肌に!?肌状態に応じたニキビケア

私は小学校高学年のときからニキビと油性肌に悩んでいました。皮膚科では1日に3度は洗顔するよう指示され、スキンケア商品は必ずニキビ用、さっぱり系のものを使用していました。

 

朝にしっかり洗顔しても昼にはてかてかの肌になっており、乾燥肌で悩む人が妬ましいほどでした。それでも年齢と共にニキビと皮脂は落ち着いていきましたが、29歳のときに飲み会続きで昔のように大量のニキビが発生しました。

 

さっぱり系の洗顔料を使っても治る気配がなかったので、皮膚科に行ったところ「あなたは乾燥肌だから、きちんと保湿しないといけない」と言われました。無縁だと思っていた乾燥肌に自分がなっていたとは衝撃でした。半信半疑ながらも処方されたワセリンで保湿。

 

数日で治まりました。油性肌から乾燥肌に変わっていたなんてことがあったので、こまめな肌状態のチェックと、状態に応じたニキビケアは大事だなと実感した出来事でした。

 

洗顔のこだわる!ニキビ対策

ニキビ化粧水を使っているのに、なぜか繰り返すニキビに困っていました。友人から「洗顔の仕方を工夫してみたら?」と言われたので、今まで使ったことのない泡立てネットを使うことにしたんです。いつも面倒なので洗顔はパパっと適当にしていたのですが、これが悪かったようです。

 

もこもこの泡をしっかりと作って優しく顔を洗うと、とても顔がサッパリしました。毛穴の黒ずみが綺麗になってきて、ニキビができなくなってきたんです。

 

丁寧に洗顔をすると、ニキビ化粧水が以前よりもグイグイと肌に浸透していくようになりました。肌がもちもちになり潤いキープしています。

 

ニキビに悩む人にとって洗顔って大切なんだなとわかりました。これからもニキビ予防頑張りたいです。